■プロフィール

吉田義人(よしだよしと)

Author:吉田義人(よしだよしと)
・昭和42年11月1日生まれ
・吉田不動産㈱ 代表取締役
・座間市議会議員

【略歴】
・大和学園幼稚園 卒園
・座間市立ひばりが丘小学校 卒業
・座間市立東中学校 卒業
・明徳学園 相洋高等学校 卒業
・城西大学経済学部経済学科 卒業
・勧業不動産㈱(旧第一勧業銀行系総合不動産会社)入社
・㈱クラスト、谷津建設㈱を経て、東伸産業㈱取締役就任
・現在 吉田不動産㈱ 代表取締役

【議会経歴】
・座間市議会 副議長
・予算決算常任委員会 委員長
・民生教育常任委員会 委員長
・健康福祉常任委員会 委員長
・教育市民常任委員会 副委員長
・企画総務常任委員会 副委員長
・基地政策特別委員会 委員長
・議会だより編集委員会 委員長
・議会運営委員会委員
・広域大和斎場組合 議員

【団体等】
・自由民主党座間市連合支部 幹事長
・神奈川県宅建政治連盟 顧問
・座間市民謡連合会 相談役
・座間市大凧保存会 参与
・座間市商工会 総代
・座間市ターゲットバードゴルフ協会 顧問
・座間ロータリークラブ役員

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
短絡的なごみの有料化策では本当の減量対策にはならない!
平成30年11月29日、海老名市議会本会議において、家庭系ごみの有料化を盛り込んだ条例案が賛成多数で可決されました。
条例には、有料のごみ袋や戸別収集の導入が示されておりますが、本市にとって気になる内容も本会議で付帯決議がなされました。
その内容についてですが、現在、本市と海老名市、綾瀬市は3市共同でごみを処理する『高座清掃施設組合』を運営していますが、その点に絡めて海老名市議会では「座間市及び綾瀬市に対して、さらなるごみの減量化を求めるとともに、有料化の導入を促すこと」という項目を含めた付帯決議案が賛成多数で原案可決されたのです。
ここで気になったのは、「座間市に対して・・・・、有料化を促す」という点です。確かに、現在3市共同で高座清掃施設組合を運営していますが、これはあくまでもごみ処理についての共同運営であって、有料化の導入自体については各自治体の裁量に任されているものであります。他の自治体が、本市の有料化導入について意見するのもおかしいことでありますし、されても困る話であります。筋が違います。ましてや、本市の市民に対して失礼な話であると思います。
なぜなら本市は、第四次座間市総合計画の施策及び昨年3月に記された一般廃棄物処理基本計画の方針に基づき、ごみの減量化、資源化に向かってしっかりと取り組んでおり、担当当局をはじめとして市民一人一人のご協力の成果としても、市民一人当たりの年間ごみ排出量は神奈川県内最少であり、その数字からも明らかであるからです。
従って、ごみの有料化がごみの減量化に繋がるといった単純な図式を、本市が現段階で取ることは考えづらく、市民に負担を強いる前にまだまだできることに取り組むことが今は重要であり、今やるべきは有料化ではなく、さらにごみの減量化、資源化に向けた啓発活動や地域コミュニティーへの周知・協力、また外国人等への言語変換によるごみマナーの理解等を進めることであると思います。
尚、有料化が減量化に繋がるという発想は極めて単純であり、減量化は有料制度導入後数年間は効果があるかもしれませんが、他の自治体でも見られるように、有料が平常化してしまうとごみの排出量は元に戻ってしまう傾向が見られます。ごみは日常生活の連動性の中から生み出される家庭の排出物ですから、やるべきことをやる前に出口ばかりを金銭で縛っても効果はないのです。
もしも、有料化を導入するのであれば、こういった短絡的な発想・理由からではなく、しっかりとした費用増加の必要性と根拠、必要性に対する費用対効果の予測をしっかりと市民の前に示して行なうべきであり、本市はそうであって欲しいと思いますし、私自身はそのように行動していきたいと思います。


政治活動 | 20:52:24
平成28年3月 平成28年度一般会計予算が成立
◆過去最大の414億1,450万円余
 今定例会で可決・成立した平成28年度当初予算は、一般会計ベースでは、414億1,450万円余と初めて400億円を上回りました。また、国保会計等の特別会計を含めた予算総額は、747億4,378万円余で、これも過去最大規模の予算となりました。
 また、平成27年度一般会計補正予算では、国が示した地方創生の本格展開のための交付金「地方創生加速化交付金」を活用し、シティープロモーション推進事業費、中小企業事業承継支援事業費及び産業用ロボット導入支援事業費が計上されました。
 新年度予算は、27年度に見込むことが可能な歳入額を確実に計上し、歳出では、明確になった不用額を見込み、財政調整基金へ積み立て、財源の確保を行なった上で、平成28年度当初予算では、その財源を活用することで、懸案事業に積極的に取り組むことができ、第4次座間市総合計画の実施計画事業が全て網羅された堅実で着実な予算編成になっています。

◆個別事業
スマホアプリで行政へ通報!安全対策に防犯カメラの新設!
 個別事業では、スマートフォンアプリを導入した複数の事業が予定されており、清掃関係では、ゴミの分別や収集日、台風などの悪天候による収集中止等の情報を行なう予定です。また、道路維持管理では、道路の破損箇所等について、上下水道では、漏水箇所等の情報を市民からの通報により対応できる体制が構築されます。
 コミュニティバス運行事業では、「コミュニティバス運行計画」を策定し、コース変更とバスの大型化、運行便数の変更などにより市民の交通利便性向上に向けた取り組みがなされます。
 さらに、公園の安全対策として、防犯カメラが初めて予算化されました。公園の防犯カメラの予算化は市政初となりますが、私が初めて一般質問で取り上げ提唱し、当局への強い働きかけを続けたことで実現にこぎつけました。
今年度の設置箇所は、芹沢公園・座間公園・富士山公園・かにが沢公園・ひばりが丘第2公園に設置となります。これにより市民の安全と犯罪の抑止効果が強化されます。今後も、子供たちや市民の安全のためには不可欠な設備として取り組み続けます。


政治活動 | 23:55:03
座間駅駅頭あいさつ
いよいよ参議院選もまじかとなり、各党の応援スタッフが早朝から場所取りに励んでいます。
今日は朝から座間駅で仲間の議員と自民党公認「島村大」のアピールをしてきました。


政治活動 | 19:08:51
平成25年6月 平成25年度第2回定例会
◆一般会計補正予算について
平成25年度一般会計補正予算案は、同年度一般会計予算歳入歳出総額360億734万円に、歳入歳出それぞれ1745万3千円を追加した360億2479万3千円となりました。
吉田よしとは、新政いさまを代表し、この補正予算案について賛成の立場から討論を行ないました。
主な賛成理由は、次の通りです。
①平成29年度の芹沢公園全面開園に向けて支障のないよう、国からの交付金が当初見込み額より50%の減額となったにもかかわらず、その減額分を平成25年度社会資本整備交付金に上乗せすることにより対応を図っている。
②起業支援型地域雇用創造事業を活用し、市内店舗や商店街等の調査を実施。それに基づき情報誌の作成を創業間もない企業に委託することで、起業支援・雇用創出を図るほか、本市商業の振興を目指す内容であること。
③病院誘致推進事業費補正は、市長の諮問機関である座間市誘致病院選考委員会を設置するためのものであり、選考委員会メンバーは、弁護士、公認会計士、医療コンサルタント、北里大学病院副院長、東海大学病院副院長の5名であり、病院事業者選定に対し適切な判断が見込める。
④清川自然の村施設撤去事業費については、施設の撤去工法を当初の計画から変更することで、より一層の環境負荷の軽減と経費節減が実現できるため。

◆自衛隊法改正に関する決議
現行の自衛隊法第84条では、海外での在留邦人の輸送手段として航空機や船舶の使用は認められていますが、車両による陸上使用は認められていません。政府の改正案では、車両による在留邦人輸送を自衛隊の任務とすることを可能とし、防護対策も在留邦人以外の、例えば面会希望の家族や同行政府関係者、日本企業や医師等にも拡大する方針を打ち出しています。しかし、平成25年1月に発生したアルジェリア民主人民共和国における日本人人質事件など、頻発する海外の事件に日本人が巻き込まれことも少なくない状況であるため、本法改正の早期成立を『新政いさま』による議員提出議案として提出、決議致しました(賛成16名、反対6名)。

◆一般質問
今定例会では、①雨水対策について、②中学生の地域参加(美化デ-)について、の2つの質問に取り組みました。

政治活動 | 20:20:51
平成25年3月 平成25年度第1回定例会
平成25年度第1回定例会
◆平成25年度予算について
平成25年度の予算規模は、一般会計が360億734万円(前年度比2.0%増)となりました。
各会計別では、国民健康保険事業特別会計145億3416万3千円(前年度比3.8%増)、介護保険事業特別会計63億9876万5千円(前年度比4.8%増)、後期高齢者医療保険事業特別会計11億1103万円(前年度比8.2%増)、公共下水道事業特別会計31億3706万7千円(前年度比1.8%増)、水道事業会計40億3966万1千円(前年度比9.6%減)となり、一般会計、特別会計、水道事業会計の全てを合わせた総予算総額、652億2802万6千円(前年度比2.0%増)が計上されることとなりました。

◆新規事業について
新政いさまの仲間達と協力して、今回新たに実現した主な新規事業です。
1. 防犯灯約7200灯の一括LED化
2. 防災無線施設の増設及び更新
3. 剪定枝の無料戸別回収(10月開始予定)
4. 太陽光発電設備、エネファーム、リチウムイオン蓄電池、HEMSの設備設置補助
5. 相武台地区住居表示実施(10月実地予定)
6. 市内業者による10万円以上のリフォーム工事に5万円を補助
7. 小学校3校、中学校3校、計6校にエアコン設置
8. 座間中学校の中庭の一部を芝生化(約425㎡)
9. 座間市ホームページをリニューアル
10. ペイジー収納システムを構築
11. 消防救急無線のデジタル化
12. 市民健康センターに蓄電設備を備えた太陽光発電設備を設置
13. 地域活動支援センターI型設置(市内初)
14. 緊急用遮断弁が未設置の耐震性貯水槽(4ヶ所)に緊急用遮断弁を設置(これにより市内全て完了)

◆病院誘致事業について
県が保健医療計画の改定案において不足病床数として242床の正式決定を致しました。病院誘致は市民が切望している事業であり、吉田よしとは座間市政の病院誘致事業を全力で後押しします。
【病院開業までの最短スケジュール】
・平成25年度 病院事業者の公募・選定
・平成26年度 選定事業者が病院建設の準備
・平成26~27年度 選定事業者が病院建設に着手~工事完了、開業準備
・平成28年度春 病院開業(目標)

◆一般質問
今定例会では、①学校施設の老朽化・耐震化について、②中学校給食について、③コミュニティバスについて、の3つの質問に取り組みました。

政治活動 | 00:07:01
次のページ